【Only night holy night】

DSCN2046.jpg 

こんな静かな雪の夜に 少しだけそっと祈らせて
聖なる鐘の音が聴こえたら 降りそそぐ奇跡にゆだねてみて

車窓から歩く君を誘うから 雑踏から抜け出し車道から
乗り込み2人ベンチシート 眺める景色 紐解く恋愛のレシピ
片寄せあい深く腰掛け サンフール覗けば流れ星だね
カーステの調べ パワステとシガーで 音に乗り街はbirthdayを知らせ
揺れ動く観覧車 ライト乱反射 映し出すBaby my sunshine
その真心はどこの男のトコでもなく 俺の所
そう願って交わす口づけ 外は不意に白い雪降りつけ
車内はえらくSmokey こんなイブの日に描くStory
だからもうすこし鐘の音が 響くまでそれまでお願い
すぐそばでその笑顔を見たい そう願い 粉雪よHold me tight・・・

あふれる愛しさ感じて 忘れられない口づけを
そんな星空の奇跡には 永遠を誓う一瞬ふれていたい 

冷たい粉雪一人で風の中を さまよいあなたのため
声をからし離れ離れ もう戻らない思いはなぜ
癒えない君 あの時の冷めたセリフとその涙に
今もいいそびれて 流れて はなれてく この想い
道の向こう 渡ってるとこ 真っ白い歩道に
なれない一人 あの時のように雪のままで 昔のStory少し宥められて
今まではこの様に 消えてる気持ちはいない永遠に
夜明けまで続け このHoly 語らない空の向こうに

冷たい涙を隠しながら 愛された瞬間 忘れないで
こんな悲しい雪の夜は 永遠を知らない明日を見たい

どこへ行っても一緒だって 連れだって居た時は過ぎ去って
あなたの手のぬくもり 消える夜に はやる心押し殺して
今じゃ遠く離れた場所で2人をつなぐのは電波だけ
ゲームはすでに終演ムードなのに 電源オフれない
言い争いが出来る距離を今じゃとても愛しくおもうよ
今年ももうすぐ終わるよ 答えを探してもないよ
ため息が空へ上がり冷やされて雪へと変わり
それが辺りを飾り付け 時計は12を回り
You&I 飛べない ちっとも想いが追えない
Going out 冷めない そこにはもう居ない

胸の痛みに慣れてきてる 触れあうこころなくさないで
こんな淋しい雪の夜は 永遠をいつも夢見てたよ

Only night 静けきこのStory
Holy night 光を灯す様に
Only night 静けきこのStory
Holy night 響かせるこのSlow Beat

中文翻譯

在這寂靜的下雪夜裡
就我我 靜靜的祈禱
當神聖的 鐘聲響起時
就讓自己 隨著天降而下的奇蹟吧

我會從車窗裡帶著你 從這個繁雜的地方離開
搭載著兩個人的座椅 觀望的景色 解開愛情的祕方
彼此並著肩相依著 在音樂和香菸中
隨著節奏街頭告知了 Birthday

搖擺的摩天輪 四處反的燈光 照映出 Baby my sunshine
你的真心並不是其他人的 而是屬於我的
我深深心願著而親吻了你 呼窗外開始下起雪來
車內卻是熱氣浸漫 這樣點綴著聖掀前夕
所以希望可以再持續著 到鐘聲結束為止
讓我立刻看見你的笑容吧 許著願 雪花啊 Hold me tight...

感受到 無限洋溢的愛情
難以忘讓的親吻
在星空下的發生奇蹟
就立下折言的一剎那 希望可以觸摸到
一個人屬自在冰冷的風雪之中 就是了在徬徨的你
就是彼此分離聲音乾枯了 但回憶依然無法回來
無法治癒的你 那個時候留下的冰冷台詞和淚水
如今還是無法說出口 這個思念 卻以流逝 離我而去
跨越了這裡 盡頭那一邊 只是雪白的走道
就像是那個時候的雪花一樣 無法習慣的我
永遠受到往事的苛責
現在這個感覺 還是像以前一樣沒有消失
這個 Holy 直到天亮來臨依然繼續著
就在那難以說出口的天空中

隱藏著冰冷的淚水
不要忘了 被愛的那一瞬間
在這如此悲傷的下雪的夜裡
希望可以看見沒有希望的未來

不管到哪裡都要在一起 一起渡過的時光早已流逝
你手心的留下餘溫 在這將要消失的夜晚裡
壓抑著浮躁的心靈
如今聯繫著相隔遙遠的兩人只是這個電波
遊戲早已到了終點 無法關掉電源
曾經可以吵架的距離如今是如此的懷念
今年就要結束了 答案是找不到了
飛上天空的嘆息被冷卻又再度的飄落來
成濕附近的裝飾品 時鐘已走過12點
You and I 無法飛去 連思念也無法追到
Going out 無法冷卻 也不在那裡了

心中的傷痛 縱使習慣
互相聯繫的心 不要丟棄
在這寂寞的下雪的夜裡
總是看見 永無止境的夢

Only night 這個寧靜的 Story
Holy night 宛如燈光照耀一般
Only night 這個寧靜的 Story
Holy night 四處響起的 Slow Beat




超喜歡的歌^^

創作者介紹
創作者 cathyintaipei 的頭像
cathyintaipei

凱西的日常生活報告書

cathyintaipei 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()